(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 専門紙
大分類 1月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *首相の靖国参拝に対する学生意識は
本文テキスト  第12回学生宗教意識調査報告(国学院大学日本文化研究所、責任者・井上順孝教授)が発表された。記事からこのうち、靖国神社への首相の参拝のみについて紹介する。「必ず参拝すべき」が12.6%、「個人的な信仰なら参拝してもいい」は67.7%だった。2005年の同様の質問と比べて前者が4.1ポイント、後者は11.9ポイント増加している。国立追悼施設の新設については「ぜひあった方がいい」9.0%、「あってもいい」59.0%の計68.0%が肯定的であり、2005年の肯定的58.1%から9.9ポイントの増加。この調査は2015年4〜6月にかけ行われ、全国36大学(うち宗教系17校)の6,017人(宗教系校2,746人)の学生が回答した(11日付)。筆者注―なお23日付キリスト新聞の記事では次の井上氏による報告書の分析を紹介している。「靖国神社の参拝は個人の信仰で行い、国としては特定の宗教と関わりのない追悼施設を作ってもいいではないかといった、きわめて穏当な意見が大半を占めているということは注目していい」。
Copyright(c) Religious Information Research Center