(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 国外
大分類 【8. 北米・中南米】
小分類(国名等) ◆アメリカ
記事タイトル *トランプ氏の反イスラム発言に賛否
本文テキスト  大統領選の候補者争いが白熱する中、共和党候補のドナルド・トランプ氏はイスラム教徒を敵視した発言を繰り返し、批判を呼んでいる。11月19日にはテロを防ぐためイスラム教徒の全国民の情報を登録するデータベースを作るべきだと語り、米イスラム団体から抗議を受けた(東京11/22)。22日のテレビ番組では、2001年の同時多発テロの際に、アラブ人が多く住むニュージャージー州では世界貿易センタービルの倒壊に数千人が喝采を送っていたと発言、司会者が否定しても譲らなかった(毎日12/1)。さらに12月7日には、過激主義を封じ込める対策を講じるまでイスラム教徒の米国への全面的な入国禁止を求める声明を発表した(朝日・夕12/8)。
 こうした発言に対し、アーネスト大統領報道官は12月8日、トランプ氏の発言は「国にとって有害」だと非難し、宗教を理由とした差別が憲法に違反するという見解を示した(日経・夕12/9)。一方、有権者の間では一連の発言によりトランプ氏の支持を強める傾向もみられる。9日に発表された世論調査によると、「イスラム教徒入国禁止」発言に対しては共和党支持者の65%が賛成を表明しており、トランプ氏の支持率も14日に41%と過去最高を記録した(読売12/11ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center