(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 国外
大分類 【8. 北米・中南米】
小分類(国名等) ◆アメリカ
記事タイトル *イスラム過激派支持者が銃乱射
本文テキスト  カリフォルニア州サンバーナディーノの障害者福祉施設で12月2日に銃乱射事件があり、14人が死亡、17人が負傷した。犯人とみられるイスラム教徒のサイド・ファルーク容疑者とその妻のタシュフィーン・マリク容疑者は警察との銃撃戦の末に射殺された。夫妻の自宅から大量の銃弾と爆弾製造の材料が発見されたことから、連邦捜査局(FBI)はテロ事件として捜査を行った。捜査の過程で、CNNテレビはファルーク容疑者が過去にイスラム過激派組織の構成員などと連絡を取った形跡があり、マリク容疑者はフェイスブックで「イスラム国(IS)」のバグダディ指導者に忠誠を誓う書き込みをしていたと報道。FBIは4日の会見で、容疑者夫婦が国外の過激派組織の影響を受けていた可能性はあるが、2人が何らかの組織の一員だったことを示すものは現時点ではないと指摘した(東京12/6ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center