(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆フランス
記事タイトル *サハロフ賞にサウジアラビアのブロガー
本文テキスト  欧州連合(EU)の欧州議会は10月29日、自らの運営するウェブサイトで人権や言論の自由を訴える活動を行っていたことから、2012年に逮捕され「シャリアへの不服従」、体制からの逸脱のかどで、禁固10年、むち打ち1千回の判決が言い渡されたサウジアラビアのブロガー、ライフ・バダウィさん(31)に「サハロフ賞」を授与すると発表した。同賞は旧ソ連の反体制活動家サハロフ氏にちなみ、人権や民主主義を守る活動を讃えるもの。シュルツ議長は、12月16日の授賞式に本人が出席できるよう、サウジアラビア国王に恩赦を求めた。同氏の釈放は認められず、授賞式には夫人が代理として出席した(東京10/30ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center