(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆バチカン(聖座(Holy See))
記事タイトル *特別聖年スタート、厳戒のローマ
本文テキスト  12月8日朝、教皇は「聖年」だけに開かれるサンピエトロ大聖堂の「聖なる扉」を開き、正式に「特別聖年」の開始を宣言した。ミサには伊大統領や首相など、約7万人が参列した。聖年は信者の過ちに特別な赦しを与えるもので、1300年に始まり、当初は50年おき、次いで25年おきに行われてきたが、教皇の権限でそれ以外に「特別聖年」を制定することができる。2,500万人の巡礼者の来訪が見込まれるが、今回は準備期間が1年もなく、バチカンが予算を計上していなかったこと、欧州各地で過激派のテロが相次いでいることから、ローマ市当局や警備関係者は対応に大わらわとなっている。聖年の間、ローマ上空でのドローンの使用やサンピエトロ広場周辺への車両の乗り入れが禁じられ、広場周辺には金属探知機も設置された(毎日12/9ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center