(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ドイツ
記事タイトル *小説『世界収集家』、異文化理解の可能性と限界を描く
本文テキスト  ブルガリア出身のドイツ人作家トロヤノフ氏の『世界収集家』が11月20日に邦訳出版された(早川書房)。大英帝国の冒険家バートン卿(1821〜90年)を主人公に、インドで諜報活動に従事する傍ら、イスラム教に傾倒していく第1部、イスラム教徒に扮してメッカ巡礼を達成する第2部、ナイルの源流を探してアフリカを旅する第3部から成る大作。バートン卿の語りが、インド人従者や道案内の現地人の語りで相対化され、単なる冒険譚では終わらない。ドイツでは2006年に刊行され、ライプツィヒ・ブックフェア賞を受賞した(読売・夕12/12ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center