(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆イギリス
記事タイトル *中東の遺跡の3Dデータ収集プロジェクト
本文テキスト  ハーバード大学とオックスフォード大学が共同で2012年に立ち上げた「デジタル考古学研究所(IDA)」が、シリア、レバノン、イラクなどで破壊の危機にある遺跡の3Dデータ収集を進めている。現地スタッフが遺跡の撮影を行い、収集した画像は2015年末には100万点を超える見込み。関係者は、イスラム過激派などが消し去ろうとする遺跡のデータを保存し、復元の可能性を示すことに象徴的な意味を込める。2016年4月の世界遺産デーにロンドンで開かれるイベントでは、「イスラム国(IS)」に破壊されたパルミラのベル神殿のアーチを再現する計画もある。IDAの活動にはユネスコが協力するほか、アラブ首長国連邦の「未来博物館」財団が多額の資金援助を行っている(Newsweek12/1)。
Copyright(c) Religious Information Research Center