(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 国外
大分類 【6. 東ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ポーランド
記事タイトル *総選挙でシリア難民対応が争点に
本文テキスト  10月25日に実施された総選挙で、シリアなどからの難民受け入れを表明した与党「市民プラットフォーム」(中道保守)が大敗を喫し、カトリックの伝統的価値観を重視する右派政党「法と正義」が8年ぶりに政権の座に返り咲いた。「法と正義」のカチンスキ党首は選挙戦でイスラム教徒を蔑視・敵視する発言を繰り返し、他党はこれを「ヒトラーの言説」などと批判。これを受けて同党首はメディア露出を控え、人気の高い女性議員シドゥウォ副党首を首相候補に掲げることで党のイメージを緩和、中東の難民キャンプなどへ資金援助を行うと表明して盛り返した(日経・夕10/26ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center