(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 国外
大分類 【5. アフリカ】
小分類(国名等) ◆マリ
記事タイトル *パリ事件に呼応し過激派がテロ
本文テキスト  首都バマコで11月20日、武装グループがホテルを襲撃し約170人を人質に立てこもった。軍治安部隊がホテルに突入し生存者を救出したが、少なくとも21人が死亡した。武装グループはアラビア語で「神は偉大なり」と叫び、イスラム教の聖典を暗唱できた人質は解放していたという。英BBCテレビによると、事件前にマリのイスラム過激派の指導者が「フランスの権益になっているものを標的にしろ」と呼びかけており、パリで起きたテロ事件に触発された可能性がある(毎日11/21ほか)。事件直後にはアルカイダ系過激派組織「アルムラビトゥン」が犯行声明を出し、「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ(AQIM)」との共同作戦だとしたが、22日になってマリの過激派組織「マシナ解放戦線(FLM)」が犯行を主張し、マリ北部のトゥアレグ人主体の組織「アンサル・ディーン」との連携を表明しており、過激派が乱立する国内状況が見てとれる(毎日11/25)。
Copyright(c) Religious Information Research Center