(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆シリア
記事タイトル *首都近郊からISが撤退
本文テキスト  12月24日、シリア人権監視団は、アサド政権と「イスラム国(IS)」が首都南部のヤルムーク地区からIS戦闘員を撤退させることで合意したと発表した。ヤルムーク地区にはシリア最大のパレスチナ難民キャンプがあり、2015年4月にISが侵攻していた。撤退合意は国連の仲介によるもので、北部の支配地域の戦力を補強したいISと、首都近郊の支配を強化したいアサド政権の利害が一致したとみられている。IS戦闘員およびその家族合わせて約4千人が、ISが「首都」と見なす北部ラッカに移動する。12月9日には反体制派勢力が中部の要衝ホムスからの撤退を始めた。撤退合意による支配地の分割が続けば、国家分裂を招くとの懸念も出ている(朝日・夕12/26ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center