(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イスラエル
記事タイトル *安楽死テーマの映画が好評
本文テキスト  現代エルサレムの老人ホームを舞台に、老い、認知症、死といった普遍的テーマに切り込んだ映画『ハッピーエンドの選び方』が、ヴェネチア国際映画祭で観客賞を取るなど、好評を博している。主人公の男性は、望まない延命治療に苦しむ友人の頼みで、患者本人がスイッチを押すことのできる安楽死装置を発明する。前半は、老人ホームの仲間たちと安楽死を秘密裏に実行するまでをコミカルに描くが、一転して後半は、認知症を患い「自分を失う」ことを恐れて安楽死を望む妻と、家族に安楽死を施せない主人公の愛と葛藤の物語となる。監督・脚本は、現代社会を切り取る作風で評価を得てきたシャロン・マイモン氏とタル・グラニット氏。ユダヤ教では安楽死は認められていないが、映画は世俗的な層に受け入れられて国内でもヒットしたという(読売・夕11/27ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center