(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年9月-11月
号数 25
媒体 国内
大分類 【6.政治と宗教】
小分類(国名等)
記事タイトル *鳥取県が宗教法人書類めぐり特区提案
本文テキスト  11月15日、鳥取県の片山義博知事は、宗教法人が都道府県へ提出を義務づけられている財務などの書類について、提出すべき範囲を県が独自に決められる構造改革特区を国に提案する、と発表した。「宗教法人が所轄庁へ提出する書類の簡素化特区」として、現在、県へ提出義務のある役員名簿など6点のうち、財務情報を含む、収支計算書と貸借対照表、財産目録は提出不要とするもの。片山知事は、提出書類は情報公開にのっとって公開しなくてはならないため、宗教行政に必要な書類だけを提出してもらうようにしたい、とした。これは、同県が昨秋、情報公開請求のあった県内の宗教法人の財務情報を開示したことに宗教関係者が猛反発したため(朝日・大阪 11/16、読売・鳥取 11/20)。
Copyright(c) Religious Information Research Center