(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆タイ
記事タイトル *不敬罪適用乱発に批判
本文テキスト  12月14日、フェイスブックで国王の愛犬を中傷したことが不敬罪にあたるとして、20代の工場勤務の男性が軍事裁判所で起訴された。不敬罪が認められれば、最長で禁固37年に処せられる。近年、軍事政権による不敬罪の適用乱発が指摘されており、2006年以降の不敬罪適用事案を記録してきた国連人権高等弁務官事務所は、量刑が近年ますます重くなっていると批判している。政権は12月9日、不敬罪乱発を批判した米国駐タイ大使についても不敬容疑で捜査していると発表。現地の専門家は、軍政が批判に過剰反応する背景として、プミポン国王の健康状態の悪化と王位継承問題に絡んだ権力闘争を挙げている(赤旗12/22)。
Copyright(c) Religious Information Research Center