(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆中国
記事タイトル *反テロ法の施行と情報統制
本文テキスト  ウイグル自治区での情報統制が強化されている。9月18日、アクス地区バイ県の炭鉱で襲撃事件が起こったが、政府当局は事件の発生自体を公表していなかった(朝日11/21)。政権はテロ対策として、外国企業やインターネット上の言論に対しても規制を強化する方針。12月27日に成立した「反テロ法」では、通信業者は暗号解読技術を提供してテロ捜査に協力すること、テロの発生や対応に関する情報は当局が統一して発表することなどが明記された(読売12/31)。一方ウイグル市内では、海外組織との関係を調べる抜き打ちの検査が実施されており、嫌疑を避けるため、SNSなどで国内外の人々と写真や映像で連絡が取れるスマートフォンの利用者が減少しているという(読売10/2)。
Copyright(c) Religious Information Research Center