(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 専門紙
大分類 12月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞  クリスチャン新聞
記事タイトル *情報発信 教会をオープンにするために
本文テキスト  2015年1月より「スキルアップ講座 教会の情報発信術」と題してホームページの作り方などを連載してきた最終回で、筆者の丸山泰地氏が、教会をオープンにするために<より大きな視点>より問題提起。まず教会の建物自体をはじめ案内板など、あらゆるものが情報発信をしており、ネットはその一つである。
 以下、ネットに関して、(1)ホームページの公開で教会の中を見てもらう。(2)教会の看板やパンフレットにホームページのアドレスを書く、(3)読み手の立場に立ち続け、聞きたいであろうことを書く。教会に来るのに「予約は必要ない」「献金は無理してささげることはない」「服装は自由」「聖書はお貸しします」など。丸山氏は次のようにも言う。<これまでは、相手が心を閉ざしているかのようにわたしたちは感じていました。むしろ、閉ざしていたのはわたしたちの方なのです。そして、先に救われたという優越感を持って、相手を見下していたのです。わたしたちこそが、もっと開いていかなければなりません>(キ25日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center