(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *マインドフルネス流行と仏教界
本文テキスト  欧米で流行する仏教由来の瞑想法・心理療法である「マインドフルネス」が、日本でも注目を浴びつつある。赤坂クリニック(東京都港区)では、2013年6月から外来治療(ショートケア)のなかに取り入れている。井上広法・浄土宗光琳寺副住職は、2014年12月から開講した一般向けの講座「ハピネストレーニング」でマインドフルネスを取り入れている。それを入口として禅を目指す人も多く、首都圏の坐禅道場を開く寺院では、ここ5年ほどで参加者が急増している。仏教者の間では、仏教に興味を持ってもらう好機とする見方がある一方で、体験や行に頼ってよいのかという観点から不要とする見方もあると報じている(28日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center