(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞  クリスチャン新聞
記事タイトル *教会と死生学 葬儀との関わりも提言
本文テキスト  「教会と地域福祉」フォーラム21の第4回シンポジウムが、9月19日に「死生学と教会―より良く生きるために」をテーマに東京の日基教団霊南坂教会で開かれた。基調講演は立教女学院短大学長の若林一美氏が行い、1988年に子どもを亡くした親の会「ちいさな風の会」を立ち上げ<悲しみや痛みを分かち合う中で再び立ち上がることができた人々>について語り、<「死は始まりの時」だと実感したという>。一方、聖書の言葉や神を出して慰めることは相手に「人として向き合うことを避けている」と思わせてしまうのではないかと問題提起した。またルーテル学院大学学長の江藤直純氏は、葬儀にも積極的に関わることによって「死は終わりではない」というキリスト教の死生観を広めることに貢献できるのではないかと発言した(キ17日付、ク4日付及び11日付)。なお「提言 教会と地域福祉」はほぼ毎号、キリスト新聞に連載中。
Copyright(c) Religious Information Research Center