(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *強制労働犠牲者の遺骨の韓国奉還活動
本文テキスト  戦時中に日本に強制連行され犠牲となった朝鮮半島出身者の遺骨返還に携わってきた殿平善彦・本願寺派一乗寺住職(北海道深川市)による報告。9月20日、日韓の「強制労働犠牲者追悼・遺骨奉還委員会」メンバーにより、北海道で死亡した115人の朝鮮人犠牲者の遺骨が、韓国京畿道坡州(パジュ)市の追慕公園に安置された。1997年から遺骨発掘を始め、2003年には市民団体「強制連行・強制労働犠牲者を考える北海道フォーラム」を結成し、草の根で遺骨調査を行ってきたもの(22日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center