(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等)
記事タイトル *糖尿病男児死亡で自称祈祷師を逮捕
本文テキスト  1型糖尿病を患う小学2年の男児へのインスリン投与を中断、放置し死亡させたとして11月26日、栃木県下野市に住む自称祈祷師の男が殺人の疑いで逮捕された。男は自らを「龍神」と語り、「心霊治療」のうたい文句で「あらゆる病気を治す」と自称していた。男は、2014年12月に男児の母親から相談を受け、以来「腹のなかに死神がいる。インスリンでは治らない」などと語り、男児へのインスリン投与の中止を指示していた。男児は、2015年4月27日に搬送先の病院で亡くなった。男は「殺意はなかった」と容疑を否認している。また、栃木県警は保護責任者遺棄致死の疑いで男児の両親からも任意で事情を聴いている。両親は「子供がインスリン注射を嫌がるのがかわいそうだった」などと話しているという。容疑者の男は男児の母親から報酬として計200万円以上を受け取っており、県警は詐欺罪に当たるかも検討するとみられる(下野・宇都宮11/27、11/28、毎日・栃木11/27)。
Copyright(c) Religious Information Research Center