(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 国内
大分類 【6.政治と宗教】
小分類(国名等)
記事タイトル *宗教者平和運動の歩みと課題
本文テキスト  戦後70年の首相談話や安全保障関連法案の審議にあたり、宗教界から多くの平和を求める声があがったことを受け、京都新聞が宗教者の行う平和運動の歩みと課題について、仏教大学社会学部の大谷栄一准教授らにインタビューを行った。
 大谷氏は、必然的に政治に関わらざるを得ない平和運動のなかで、政治性を前面に出しにくい宗教者のポジションの難しさについて指摘し、宗教者による平和運動が反戦活動や宗教間対話など多くの実績を積んできた一方で、日本社会全体としてみた場合には活動の存在感が低く、メッセージが十分社会に届いていないのではないかとした(京都・京都10/6)。
Copyright(c) Religious Information Research Center