(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆冨士大石寺顕正会(顕正会)
記事タイトル *顕正会信者、大学生を勧誘目的で誘拐
本文テキスト  東京都内で男子大学生を勧誘目的で連れ回したとして、警視庁は10月5日に冨士大石寺顕正会の関係者3名(内、1人は未成年)を未成年者誘拐容疑で逮捕した。男らは、台東区の上野公園で観光していた未成年の男性を東京見物に誘い、車に乗せ板橋区内の教団施設近くの駐車場まで連れ出したとされる。逮捕された内2人は容疑を認め、「一緒に会員になってほしかった」と供述しているという。顕正会本部は「不当な逮捕と考えている」と話している(産経・東京10/6、東京・東京10/6ほか)。その後同事件をめぐっては、15日に未成年者誘拐の疑いで新たに2人が逮捕された。警視庁公安部によると、2人は「東京会館で入信させるよう(別の容疑者に)指示した」と容疑を認めた(東京・東京10/16)。5人は、処分保留で釈放されたが、11月19日、東京地検は、4人を不起訴(起訴猶予)とし、未成年であった1人を東京家裁に送致した(東京・東京11/20)。
Copyright(c) Religious Information Research Center