(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆オウム真理教(現・Aleph(アレフ)、ひかりの輪)
記事タイトル *ひかりの輪、アレフに対し住民がデモ
本文テキスト  東京都世田谷区南烏山を拠点とする、元オウム真理教幹部が代表を務める「ひかりの輪」の撤退や解散を求め、地域住民ら約200人が11月14日に「ひかりの輪」施設周辺でデモ行進を行った。デモを行ったのは、地元住民らで作る「烏山地域オウム真理教対策住民協議会」で、「安心して暮らせる街をかえせ」などの訴えを行った。その後開かれた集会では、1995年に地下鉄サリン事件で夫を亡くした高橋シズヱさんの講演が行われた(読売・東京11/15)。
 11月22日にはオウム真理教の後継団体である「アレフ」が拠点を置く足立区入谷の住民が立ち退きを求めるデモを行った。同デモには「足立入谷地域オウム真理教(アレフ)対策住民協議会」などの約200人が参加した(読売・東京11/23)。
Copyright(c) Religious Information Research Center