(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年9月-11月
号数 25
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆オウム真理教(現アーレフ)〈裁判のゆくえ〉
記事タイトル *松本被告「訴訟能力なし」公判停止を申し立て
本文テキスト  東京地裁の一審で死刑判決を受けた、松本智津夫被告の私選弁護人2人は11月29日、「被告に訴訟能力がない」として東京高裁に公判手続き停止の申し立てをしたことを明らかにした。松本被告は接見時の弁護士や近親者の呼びかけにも無反応な状態が続いていることから、身体、精神両面の鑑定も申請しているという。会見した弁護団によると、04年4月から計73回、東京拘置所に出向き、36回接見したが、何を話しかけても無反応で意味不明な声を漏らし、近親者の接見にも同様という。弁護団が精神科医に相談したところ、医師は「脳の疾患」「拘禁反応」「詐病」「宗教的修行としての沈黙」の四つの可能性を挙げ、「検査をしないままだと、四つの区別ができなくなる恐れがある」と指摘、弁護団は「控訴審前の検査、鑑定をするのはおかしい」としている(毎日・東京 11/30)。
Copyright(c) Religious Information Research Center