(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *六曜掲載の冊子やカレンダー、配布を見送り
本文テキスト  12月、大分県で、「大安」や「仏滅」などの六曜が掲載されている自治体製作のカレンダーや冊子の配布見送り、回収が続いた。六曜の掲載は、「差別的行為を助長する」との指摘があり、佐伯市は12月21日、六曜が記載された市政10周年記念の冊子の全世帯配布を見送った。また、25日には、杵築市でも全戸配布する予定であったカレンダーに六曜が記載されていることから、配布が見送られた。それ以外にも、大分県と6市町村でつくる国東半島宇佐地域世界農業遺産推進協議会や臼杵市も、作成した六曜掲載のカレンダーを回収した。自治体の多くは、六曜を科学的根拠のない迷信・因習の一つで差別意識につながる例と位置づけている。しかし、六曜との結びつきが強い婚礼や葬祭などに携わる民間の業界等では、六曜が差別につながるという意見に疑問を抱く人もいるという(大分合同・大分12/25、12/27)。
Copyright(c) Religious Information Research Center