(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *「供養経験」と「優しさ」の関係性
本文テキスト  日本香堂(東京都中央区)が「子ども達の『供養経験』と『やさしさ』の関係性」と題した調査を行い、墓参りや仏壇を拝む「供養」が習慣化している子供は、他人を思いやる優しさをもつ傾向があると報告された。調査は、教育評論家の尾木直樹氏の仮説に基づくもの。全国の中学1年から高校3年の男女1,236人を対象に、供養実践の頻度を尋ねた上で、「他者への冷淡さ」「他者への理解・共感」を分析するための複数の質問をインターネットで行った。この調査によって、仏壇を拝む回数が「毎回」の人は、他人への優しさや思いやりが強い傾向があることなどが明らかになったという(産経・東京10/16)。
Copyright(c) Religious Information Research Center