(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 国内
大分類 【2.仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *清水寺、持ち込みの絵馬に苦慮
本文テキスト  12月13日、京都の清水寺の境内で、一部の参拝者が持ち込んだ自作の絵馬約100枚が見つかった。持ち込まれた絵馬は、同寺が授与している小(こ)絵馬より小ぶり。小絵馬とそっくりの印が無断使用され、漢字だけで願いごとが書かれていた。絵馬に書かれた日付から、11日に訪れた外国人のものと考えられている。自作の絵馬を寺社に奉納することは歴史的にもみられるが、同寺はその場合、「礼儀として声を掛けてほしい」とする。また、そっくりの印を無断で使うのは「寺が認めた小絵馬であるかのように思われ、心外」と話す。このほか、外国の銀行の名前と清水寺の印の入った絵馬、梵字と「清水観音堂」と書かれた絵馬も1枚ずつ発見された。これらは寺の小絵馬と同じくお焚き上げするという(京都・京都・夕12/26)。
Copyright(c) Religious Information Research Center