(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 国内
大分類 【2.仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *お東紛争で最高裁判決、真宗大谷派が敗訴
本文テキスト  真宗大谷派が対立する本願寺維持財団(現・本願寺文化興隆財団)に、財団の財産に関する定款変更の無効確認を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁は12月8日、変更を無効とした大阪高裁判決を破棄し、変更は有効だとした。大谷派が無効確認と同時に求めた土地売却代金200億円の返還についても、8日までに上告を退ける決定をしており、大谷派の敗訴が確定した。訴訟は大谷派をめぐって40年以上続く「お東紛争」と呼ばれる分裂騒動の一つ。大谷派の助成としていた財団の目的を、大谷派に限定しない活動ができるよう変更した定款の有効性が争点となっていた。大谷派の里雄康意宗務総長は判決を受け、「最後の教団問題という覚悟で取り組んだ。財団設立者の意思を無視した判決で残念だ」とした(京都・京都12/9ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center