(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 国内
大分類 【2.仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *法隆寺金堂壁画の科学的調査の実施を発表
本文テキスト  法隆寺は11月11日、1949年の火災で焼損した同寺の金堂壁画について、初となる科学的調査を実施すると発表した。学識者らで保存活用委員会を設立し、劣化の有無や最適な保存環境などを探る。壁画は7世紀に描かれた日本最古の仏教絵画で、インド・アジャンタ石窟群や中国・敦煌莫高窟(ばっこうくつ)の壁画と並ぶ世界的傑作。釈迦や薬師などの群像を示す大壁4面(高さ約3m、幅約2.6m)と、各種菩薩を描いた小壁8面(同、幅約1.5m)の計12面で構成され、釈迦三尊像を祀った金堂の内壁を飾っていたが、1949年の火災でほとんどの色彩を喪失。これを機に翌年、文化財保護法が成立した。火災後は土壁ごと取り外され、新築の収蔵庫に保管された(朝日・東京11/12)。
Copyright(c) Religious Information Research Center