(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 国内
大分類 【2.仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *10年間で9宗派の計434ヶ寺が消滅
本文テキスト  朝日新聞が全国寺院の約8割を占める主要10派(曹洞宗・浄土真宗本願寺派・真宗大谷派・浄土宗・日蓮宗・高野山真言宗・臨済宗妙心寺派・天台宗・真言宗智山派・真言宗豊山派)に調査を実施したところ、過去10年間で9宗派(日蓮宗は非公表)の計434ヶ寺が宗教法人の解散や合併により消滅したことが10月11日、わかった。調査によると、別の寺院の僧侶が住職を兼ねる「兼務寺」が1万496ヶ寺、住職のいない「無住寺」が1,569ヶ寺にのぼることも判明。文化庁の『宗教年鑑』(2014年版)では、全国の仏教系宗教法人の寺院は7万5,900で、住職が兼務だったり、いなかったりする寺院1万2,065ヶ寺は、全体の約16%を占める。背景には、過疎化や高齢化にともなう檀信徒の減少や寺院後継者の不足などがある(朝日・東京10/11)。
Copyright(c) Religious Information Research Center