(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 国内
大分類 【1.神道】
小分類(国名等)
記事タイトル *神社界が英語で神道を発信
本文テキスト  インバウンド(訪日客)の観光スポットとして神社の人気が高まるなか、神社界でも英語を学ぶ取り組みが進んでいる。外国人参拝者でにぎわう伏見稲荷大社では特に中国人が目立ち、同神社では境内の案内所に中国人留学生と英語が得意な日本人学生のアルバイトを配置。外国人対応を引き受けている。
 神社本庁も2015年に英語で外国人参拝者に応対するための冊子『神社に外国人がやってきた!』を作成し、全国の神職に無料配布した。同書ではお守りを“an item which guards and blesses you”と訳すなど、神社用語の「使える」英訳が紹介されている。また、2013年に神社本庁と伊勢神宮が共同発行した英文冊子『SOUL of JAPAN』は、デジタル版公開後の1年間でダウンロード数が300万件以上にのぼった。2015年3月には同書に和訳と解説を付けて再編集した『英語で伝える日本のこころ Basic Guide』を刊行。同書は日本人自身が神道文化を理解し、英語で伝えられるようになることを目的としている(産経・大阪・夕12/2)。
Copyright(c) Religious Information Research Center