(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 国内
大分類 【1.神道】
小分類(国名等)
記事タイトル *山津見神社のオオカミ天井絵を復元
本文テキスト  福島第一原発事故で全住民が避難している福島県飯舘村の山津見神社で、11月28日、拝殿の再建後初めてとなる例大祭が開かれ、付近の佐須地区公民館では復元された天井絵が披露された。同神社はオオカミ信仰で知られ、明治末期に制作された237枚のオオカミの絵が拝殿の天井を飾っていた。震災後、2013年の火災で拝殿と天井絵が焼失。しかし、火災の直前に調査で訪れていた和歌山大学の加藤久美教授とサイモン・ワーン特任助教が全ての絵を撮影しており、復元を託された東京芸術大学大学院の荒井経准教授と保存修復日本画研究室の大学院生らが、2015年夏に第1期分を完成させた。残りは2016年夏までに完成するという(朝日・東京・夕11/28、福島民報・福島11/29、東京・東京12/2ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center