(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 国内
大分類 【1.神道】
小分類(国名等)
記事タイトル *神社の墓地経営が増加
本文テキスト  近年、霊園や納骨施設の運営に乗り出す神社が全国的に増えているという。その背景には、少子高齢化や宗教離れといった問題に直面するなかで、安定した収入を確保するという目的がある。神道では基本的に墓地を境内に造らないが、たとえば日光東照宮(栃木県日光市)は2009年にゴルフ場跡地を購入。約5億5千万円をかけた第1期工事で約3万2千平方メートルを墓地に整備し、2014年4月から600区画の販売を開始。今後、計5千区画の販売を予定している。
 神社の墓地に詳しい住吉神社(東京都中央区)の神職、柴田良一氏の調査によれば、20年ほど前から墓や納骨施設を造る神社が増加。首都圏や九州を中心に全国で約50社あるという。「一定の収入を見込めるうえ、何世代にも及ぶ縁ができるなどのメリットがある」と同氏は語る(朝日・東京11/2)。
Copyright(c) Religious Information Research Center