(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年10月-12月
号数 69
媒体 国内
大分類 【1.神道】
小分類(国名等)
記事タイトル *上賀茂神社で正遷宮が行われる
本文テキスト  10月15日、21年に一度の式年遷宮を迎えた上賀茂神社(京都市北区)で、修復が終わった本殿に御神霊を戻す「正遷宮(しょうせんぐう)」が行われた。約600人の参列者が見守るなか、権殿(ごんでん)の扉が開かれ、天皇陛下の勅使が御祭文(ごさいもん)を奏上。神職らが御神霊を御船代(みふねしろ)に載せ、権殿から本殿に運び入れた(産経・大阪10/16)。翌16日には「奉幣祭(ほうべいさい)」が営まれ、五色の絹や麻の反物など、天皇陛下からの供え物である「御幣物(ごへいもつ)」を奉納。以上で式年遷宮の主要な神事が終了した(産経・大阪・夕10/16、京都・京都・夕10/16)。
 なお、正遷宮にはアメリカ人のリシェル・ソトさんも参列することになった。ソトさんは2011年から13年まで上賀茂神社で神道を学んでおり、著書も出版予定だが、外国人の参列は歴史的にきわめて異例であるという(産経・大阪・夕10/15)。
Copyright(c) Religious Information Research Center