(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等)
記事タイトル *ヒト受精卵の改変「禁止すべき」、日米学会声明
本文テキスト  日本遺伝子治療学会と米国遺伝子細胞学会は8月1日までに、遺伝子を効率よく改変する「ゲノム編集」の技術を、人間の受精卵や胚細胞で使用することに強く反対するとの声明を発表した。4月に中国の研究チームがヒトの受精卵を使ったゲノム編集を行い、結果を発表したことを受けてのもの。声明では、ゲノム編集の技術を用いた遺伝子改変は何世代にもわたって影響を及ぼすので、ヒトの胎児に育つ可能性のある受精卵に使用することは倫理的に問題があると指摘。「まずはヒト以外の動物で研究すべき」とした(朝日・東京8/1、毎日・東京8/2)。
Copyright(c) Religious Information Research Center