(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等)
記事タイトル *改正臓器移植法施行5年、子どもの臓器提供進まず
本文テキスト  2010年に改正臓器移植法が施行されてから5年になるのにあわせ、日本臓器移植ネットワーク(移植ネット)は7月17日、これまでの医療機関とのやり取りなどを分析した結果を公開した。改正臓器移植法により、臓器提供について書面による意思表示は必須ではなくなり、また家族からの承諾があれば15歳未満の子どもからの移植も可能になっていた。この5年間で、移植ネットには医療機関から、18歳未満で回復困難になった子ども97人について臓器移植を検討する相談が寄せられたが、そのなかで移植に至ったのは14人(脳死判定後9人、心臓停止後5人)にとどまった。提供に至らなかった例のうち、12人については家族が病院に提供を申し出たものの施設の体制が整わなかったため、16人は家族が提供を望まなかったため見送られた(朝日・東京7/15、日経・東京7/18)。
 大人を含めた脳死による臓器提供件数は244件で、年平均では改正前の約7倍となった。書面の意思表示はなく家族の承認で移植が行われた例は、そのうちの7割を占めた(産経・東京7/18)。
Copyright(c) Religious Information Research Center