(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 国内
大分類 【7.皇室】
小分類(国名等)
記事タイトル *中国紙が天皇陛下に謝罪要求
本文テキスト  中国の国営新華社通信は「だれが日本の侵略戦争の罪を謝罪すべきか」と題した評論を8月25日に配信した。同評論は、昭和天皇は中国への侵略戦争や太平洋戦争を指揮した「張本人」と主張し、皇位継承者に謝罪を求める内容となっている。共産党機関紙『人民日報』など主要紙は同評論を掲載していないものの、中国の歴代政権は、侵略の責任を当時の日本の軍国主義にあるとして天皇個人に対して責任を追及したことがなく、中国メディアが天皇陛下に謝罪を求める記事は異例。同評論に対し、8月27日、日本政府は「陛下に対する礼を著しく失しており、これまで表明されてきている中国側の立場とも相いれない」として抗議した(朝日・東京8/28、読売・東京8/29ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center