(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 国内
大分類 【7.皇室】
小分類(国名等)
記事タイトル *皇后さま心筋虚血の疑い
本文テキスト  皇后さまは8月9日、心臓の筋肉に十分な血液が行き渡らない心筋虚血の疑いがあるとして、東京大学医学部付属病院(東京都文京区)で精密検査を受けられた。冠動脈に3ヶ所の狭窄が見つかったものの、比較的軽度のため、強いストレスなどによる心筋虚血と診断されたと、同日、宮内庁が発表した。皇后さまは2015年6月末頃から胸の痛みを訴え始め、同年7月24日の心電図検査で心筋虚血が疑われていた。8月9日の診断結果を受け、宮内庁は8月13日の定例記者会見で、皇后さまのストレスを軽減するために活動の見直しや自由時間の確保などの対応策を発表したが、公的行事の数を減らすことは直ちには考えていないとした(産経・東京8/10、読売・東京8/14ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center