(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 国内
大分類 【6. 政治と宗教】
小分類(国名等)
記事タイトル *マリア像、市側が一転受け取り拒否
本文テキスト  長崎県島原市が彫刻家から無償提供を受ける予定となっていた木彫のマリア像について、「政教分離の原則に抵触するとの市民の声がある」として、市側が受け取りを拒否していたことが、8月23日、明らかになった。市側は、展示にかかる費用を2015年度予算に計上したところ、地元の宗教家や市民から「一つの宗教に公金を投ずるのは憲法違反」という意見が相次いだとしている。作者の彫刻家は寄贈予定だった市立「有馬キリシタン遺産記念館」の展示にはロザリオなどキリスト教関連の物がたくさんあることを指摘し、「寄贈しても像を宗教行事に使うわけではなく、原則に反しない。ナンセンスだ」としている(西日本・福岡8/24、朝日・長崎9/4)。
Copyright(c) Religious Information Research Center