(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 国内
大分類 【6. 政治と宗教】
小分類(国名等)
記事タイトル *新学習指導要領、「公共」と「歴史総合」新設
本文テキスト  2020年度より順次実施される新たな学習指導要領において、2022年度をめどに「公共」、「歴史総合」(いずれも仮称)などの新科目を設ける案を、8月5日、文部科学省が公表した。両教科は高校の必修科目となる。「公共」では、社会保障や契約、家族制度、雇用、消費行動などを学ぶとともに、選挙権を得られる年齢が18歳以上に引き下げられたことを受け、政治参加についても学習する。「歴史総合」では日本史と世界史を関連づけた近現代史を重点的に学ぶ。文科省案は、2013年6月に自民党のプロジェクトチームが、若者に規範意識や社会のマナーを学ばせるべきだとして発表した科目新設の提言におおむね沿ったものであるという(朝日・東京8/6)。
Copyright(c) Religious Information Research Center