(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆ワールドメイト
記事タイトル *『週刊新潮』が深見東州氏について記事を掲載
本文テキスト  週刊新潮は7月2日号で、神道系新宗教・ワールドメイト教祖の深見東州氏が、社会事業やスポーツなどに次々資金を投じ、その広告などを通じて新聞各紙に自分の名前を掲載させていることについて報道した。記事では、5月下旬に広告が掲載されたWSD(世界開発協力機構)が主催する「世界の若い議員と語り合うグローバル・オピニオン・サミット」、6月初旬のIFAC(世界芸術文化振興協会)主催の「第3回東京国際コンサート」、6月中旬のISPS(国際スポーツ振興会)主催のゴルフの国内男子レギュラーツアー「ハンダグローバルカップ」やみすず学苑の代表として、深見氏あるいは本名の「半田晴久」氏の名前が見られると指摘している。6月末から1ヶ月のあいだに、全5段の広告を中心として主要全国紙に31回、スポーツ紙を含めると54回もの広告を掲載しており、出費は少なくとも1億5千万円を超えていると見積もられている(週刊新潮7/2号)。
Copyright(c) Religious Information Research Center