(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *1歳を祝う「選び取り」が広まる
本文テキスト  九州・沖縄や中国地方で多く見られる「選び取り」の風習が広く行われるようになり、新たな道具や意味づけが展開していることが報じられた。選び取りとは、子供の1歳の誕生日に行うもので、子供の前にいくつかの品物を並べ、何を選ぶかで将来を占うというもの。かつては、文才・画才を意味する筆、器用達者を意味するハサミや物差し、商才を意味するそろばんなどが用いられたが、現在では辞書やおたま、ペン、電卓、楽器など、多様なものが登場するようになった。ミキハウス子育て総研(大阪市)の2012年の調査によれば、満1歳の誕生日の祝い方として選び取りと答えたのは13.1%で、関東でも行われているという。担当者によれば、インターネットなどで知られるようになり、ローカルなものではなくなったのではないかと考えられる。少子化によって初誕生(1歳の誕生日)のお祝いがイベント化していることも背景にあるという(朝日・北九州・夕7/25)。
Copyright(c) Religious Information Research Center