(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 国内
大分類 【1.神道】
小分類(国名等)
記事タイトル *警固神社のキツネ像再建
本文テキスト  4月25日未明、福岡市の警固神社境内にあるキツネの石像4体が、土台ごと倒されたり首を折られたりして破壊された。犯人はいまだ見つかっておらず、同神社は8月6日から防犯カメラ12台を設置した。石像再建とカメラの設置に約600万円が必要となったが、浄土宗圓應寺(福岡市)の副住職でNPO法人「福博相伝の会」理事長の三木英信氏らが、「おいなりさんは市民の信仰の象徴だ」として寄付金集めに尽力。8月2日には同氏の発案で支援イベントの夏祭りが開催された。新たなキツネ像は8月31日に設置され、9月5日の復元奉告祭では、氏子や参拝客などが見守るなかで、像に魂を入れる神事「御芯入(ごしんい)れの儀」がとり行われた(西日本・福岡8/3、8/7、同・夕8/31、9/6)。
Copyright(c) Religious Information Research Center