(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 国内
大分類 【1.神道】
小分類(国名等)
記事タイトル *靖国神社「みたままつり」で露店の出店中止
本文テキスト  7月13日から16日まで靖国神社(東京都千代田区)で「みたままつり」が開かれたが、今回は初めて露店の出店が中止された。みたままつりは戦没者の慰霊を目的として1947年に始まり、例年約30万人が訪れる東京の夏の風物詩として知られる。しかしここ5年ほどで10代から20代の若者が急増し、トラブルが起きるようになった。麹町署によれば2014年はちょうちんを壊すなどの器物損壊やけんかなどのトラブルが11件あった。神社側は終了を30分早めたり警備員を増やしたりして対応したが、状況は改善せず、露店の中止に至った。出店を取りやめることで来場者数を減らし、騒動の原因をなくすことが狙いである。また、横浜市戸塚区の八坂神社の夏祭りでも、同様の理由から露店が大幅に削減された(朝日・東京・夕7/14、東京・東京・夕7/22ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center