(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年9月-11月
号数 25
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *中絶胎児の火葬を通達
本文テキスト  妊娠12週未満の中絶胎児が半数近くの都道府県でごみとして扱われていることが、9月7日、全国調査で明らかになった。この調査は7月、横浜市の産婦人科医院で中絶胎児を一般ごみとして廃棄していたことが発覚したことを受け、墓地埋葬法を所管する厚生労働省と、廃棄物処理法を所管する環境省が行ったもの(朝日・東京 9/8)。9月24日、両省は中絶胎児の丁寧な扱いと火葬等の措置を通知すると発表した(東京・東京 9/25)。
Copyright(c) Religious Information Research Center