(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 専門紙
大分類 9月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *靖国への否定的先入観による研究動向を批判
本文テキスト  終戦70年にあたり「人霊祭祀」を主題に第33回神社本庁神道教学研究大会が9月2日に本庁大講堂で開催された。発題は岡田莊司・国学院大学教授の「人霊祭祀の基調」及び藤田大誠・同大准教授の「人霊祭祀の展開」。藤田氏は近年の研究動向として「政治人格神」などの表現が見られ、神道以外を専門とする研究者が靖国神社への否定的先入観を持って英霊祭祀に帰結させるような論攷が多いと批判した。また同氏は近代創建の神社は「国民の思いを国家が慎重に汲み取っていく形で創建されているのが基本」であり「政府が小手先で恣意的に作ったものでは決してない」と述べ、さらに「顕彰すべき人の霊を祀る系譜」と近世以降の怨親平等観についての検討が不可欠であると指摘した。なお「論説」欄においても同研究大会をとりあげ、大会の成果は<「学術研究」ではなく、あくまでも「神道教学研究」に資するものでなければならない>と論じている(14日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center