(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 専門紙
大分類 8月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞  クリスチャン新聞
記事タイトル *8月15日 各地の集会で危機感
本文テキスト  敗戦から70年の8月15日を中心にキリスト教界では各地で平和集会が開かれた。安保関連法案が国会で審議中であり、<今年は例年以上に危機感を覚えた人たちが集会に参加した>。クリスチャン新聞は4頁にわたり各集会を報道。以下列挙する。日本同盟基督教団、千鳥ヶ淵8・15平和祈祷会、日本キリスト教会、日本バプテスト連盟中部地方連合、平和遺族会、許すな!靖国国営化8・15東京集会、改革派名古屋岩の上教会、芦屋天王寺8・15集会。日本キリスト教会は東京の蒲田御園教会に沖縄から牧師の島田善次氏を招き、安倍政権下で沖縄が見せる日本の軍事化について講演会を開いた。「許すな!靖国国営化」の集会では中央大学の池田賢市教授が、道徳教科化によって、心が国の管理下に置かれると講演を行った(ク30日付。キ1日付、ク9日付に関連記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center