(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆フランス
記事タイトル *テロ未遂事件と情報監視の強化
本文テキスト  7月15日、カズヌーブ内相は、軍関係の施設へのテロを企てたイスラム過激派とみられる16〜23歳の4人の容疑者を逮捕したと発表した。4人は軍高官を殺害する計画を立てており、主犯格の容疑者は「聖戦」主義者と関係をもちシリアへの渡航を望んでいたという(東京7/17ほか)。また、8月21日には、アムステルダム発パリ行きの国際高速列車「タリス」の車中で男が銃を発砲し、乗客3人が負傷する事件が起きた。警察当局によれば、男は26歳でモロッコ出身。イスラム過激派の拠点に出入りし、監視対象となっていた(読売8/23ほか)。政府は情報機関の機能を強化しており、6月下旬にはテロへの関与が疑われる場合、裁判所の許可なく、監視カメラや盗聴機の設置、あらゆる通信記録を傍受できるとした法案が議会で可決された(日経7/7ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center