(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 国外
大分類 【5. アフリカ
小分類(国名等) ◆南アフリカ
記事タイトル *ヒト種の新種、死者を埋葬していた
本文テキスト  ウィットウォーターズランド大学などの研究グループは9月10日、科学誌『イーライフ』にて、ヨハネスブルク近郊の洞窟から現生人類を含むホモ属の新種の化石15体分を発見したと発表した。化石の年代は不明だが、この新種は原始的な猿人であるアウストラロピテクスとほぼ同容量の脳と、人類に類似した骨格の手足を有しており、「ホモ・ナレディ」と名付けられた。洞窟の奥深くの同じ場所から多数の骨が見つかったため、同種は死者を埋葬する習慣があったと推測されている。死者の埋葬はこれまで現生人類固有のものとされてきたが、今回の発見はこの説の再検討を促すものとなる(SANKEI EXPRESS9/12ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center