(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 国外
大分類 【5. アフリカ
小分類(国名等) ◆南アフリカ
記事タイトル *原爆主原料の産地で核問題を議論
本文テキスト  広島への原爆投下から70年を迎えた8月6日、ケープタウン大学で核問題を話し合う集会が開催され、南アフリカやコンゴ民主共和国から参加者が集まった。広島と長崎に投下された原爆は、コンゴ南部のシンコロブウェ鉱山で産出されたウランが主原料になったとされており、同集会では核開発におけるアフリカの役割や核のもたらす悲劇について議論された。鉱山は1960年のコンゴ独立の際に封鎖されたが、現在でもコバルトやウランの不法採掘が後を絶たず、健康被害への懸念など地域の問題となっている(毎日・夕8/7)。
Copyright(c) Religious Information Research Center