(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆レバノン
記事タイトル *宗派対立で政府麻痺
本文テキスト  シリア内戦の影響でシーア派とスンニ派の対立が激化しているレバノンで、行政機能の麻痺が深刻化している。政府がゴミ処分用地を確保できなかったことから、首都ベイルートで数週間分のゴミが処分されず堆積された状態になった。8月19日に始まった市民の抗議デモは、数千人規模に膨れ上がり、首相退陣を要求した。23日にはデモ参加者の一部が暴徒化して警官隊と衝突する事態に発展。サラーム首相は抗議に一定の理解を示したものの、政府の機能不全の責任はスンニ派政党とシーア派政党の利害対立にあると強調した。両勢力の対立により、国会議員の投票で選出されるはずの大統領職が1年以上空席となっているほか、サラーム内閣も組閣に10ヶ月を要した。サラーム首相が退陣すれば、治安や経済はさらに停滞するとみられている(毎日・夕8/27ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center